MR伊万里駅に見る国鉄

最近すっかり彼岸花に誘われて国鉄探しがおろそかになっていました。(汗)
先日伊万里駅で見つけた国鉄の痕跡です。
MR伊万里駅①番乗り場にある「左」の文字
おそらくは、「左右確認」的な事が書いてあったと思われます。
画像

②番乗り場には、はっきり残っていました。
画像

この②番乗り場のあるホームには、蘇鉄やミニ庭園などがあり、よく遊んでいました。
(撮影日2008.9.23)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月25日 21:56
現在はJRとMRが完全に分断された伊万里駅ですが、元々は同一構内でしたね。
駅がリニューアルされても、ベースとなる部分はそのままで、国鉄時代の名残も残っているんですね。
今度伊万里駅を訪れたときに探してみようと思います。
伊万里保線区(管理人)
2008年09月25日 22:11
気ままさんこんばんは
私のHNでもある伊万里保線区がここにあった頃からよくここで遊んでいて、たくさんの気動車や貨車をみていた記憶があり伊万里駅での国鉄探しは、特別な思いがあります。松浦鉄道側は、たくさんの痕跡が残っているので楽しいですよ!
門ハイ
2008年09月26日 21:31
こんばんは。やっと涼しくなりました。
駅での国鉄の痕跡は,かさ上げホームの基盤くらいしか気付きませんでした。ペイントについても,JR化後20年も経つので,国鉄時代とは思ってもいませんでしたが,確かにJNR時代のようで驚いています。国鉄探しも,極めると「発掘」に行き着きそうですね。(笑)
伊万里保線区(管理人)
2008年09月26日 22:05
門ハイさんこんばんは
国鉄は、ペイントが好きだったのでしょうか(笑)と言うのは冗談ですが、JR化後は、プレートが主体になってきたように思いますし、ペイントもきれいなレタリングで行われていたように記憶しています。
出来る事なら、発掘とまでは行きませんが駒鳴駅の裏を草を刈って1面2線だったことの確証を得たいと密かに企んでいます。(笑)
他にも発掘したいと思っている場所もあったりします。(汗)

この記事へのトラックバック