相知炭鉱線跡~肥前久保駅

今日も、雨…
運転席よりめげずに撮影します。
まずは、唐津線の相知炭鉱線(合ってるのかな?)跡を撮影!
帰ってから気づいたのですが、路盤際に電柱が立っている、当時のものかどうか後日確認してみます。
まずは、相知駅側を、
画像

反対側です。
画像

この写真の先のほう(西相知駅方面)へ進むと、道沿いにコンクリート製の構造物(ホームのようにも見える。)があって炭鉱線のものなのか炭鉱のものなのか気になります。

今度は、筑肥線と唐津線が立体交差する相知駅寄りのトンネル
補修してあるものの、当時の様子が伺えます。
このとき、車の中からの撮影の上に、カーラジオのボリュームが高かったせいか、列車が近づいているのに気づきませんでした(汗)
グットタイミングと言うか何と言うか、こんなのが取れてしまいました。
目的がトンネルだからこれはこれでよしとします(笑)
画像


帰り道、肥前久保駅によりました。
一本だけ木製の電柱がありそこには、なつかしい駅名表がありました。
画像

ここにも駒鳴駅と同型のゴミ箱がありました。しかしJNRマークは、見当たらず、と良く見ると、JR九州と書かれたシールの下にJNRと透けて見えました。
ここにもありました。伊万里保線区トンテントン会のタイヤ、しかも大量に…
画像

ここも駅舎が新しくなっているわりに結構痕跡が残っていました。
つづく
(撮影日2008.4.23)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック